トップページに戻ります このホームページについて このホームページについて 最新情報や更新履歴など ドイツの名職人たち ドイツの名職人ヘアマン・マースハンマー氏のご紹介 ドイツ名の名職人ハンス・ワインミュラー氏の紹介です。 ドイツ名の名職人ヨハネス・エープナー氏の紹介です。 ドイツ名の名職人ミヒャエル・ヤンコースキー氏の紹介です。 ドイツ名の名職人フリッツ・シュルツ氏の紹介です。 ドイツ名の名職人ウリ・ヘニケ氏の紹介です。 ドイツ名の名職人フランツ・ホツラー氏の紹介です。 ドイツ名の名職人クリスティアン・デミニエ氏の紹介です。 ドイツ名の名職人ユルゲン・シャンツ氏の紹介です。 その他の職人たちのご紹介です。 ドイツで作られた逸品をご覧ください。 緻密な技巧でつくられた、美しいカスタムナイフの数々です。 職人の技が冴えるアクセサリーの数々をご覧ください。 ドイツの職人たちが愛用する優れた砥石です。 ご連絡先についてです。 会社概要についてです。 個人情報の取扱いについてです。 関連サイトへのリンクです。

小牧くらしのニュース(1994年11月12日)

卒業したらドイツへ

中学生の時、美術の講義が面白かったことから小牧南高を経て、現在は東海女子大学(岐阜)の文学部美学美術史学科に在学中です。
中国の水墨画や日本の壁画、仏像などについて学んでいます。
夢の一つに将来、外国の美術に関する洋書を訳してみたいということがあり、そのために授業とは別にドイツ語を習っているほど。
二回ほど短期のヨーロッパ留学の経験もあるのです。


○ ・・・でも決してガリ勉ではありません。
趣味は、絵を描くことと、ピアノやフルートの演奏。
描き上げた絵画作品は、アルバイトをしているうどん屋さんに飾ることもあり、訪れるお客さんにもなかなかの好評だそうです。
フルートは、全くの独学ですが、ピアノは本気で音大受験を考えたくらいの腕前。
今でもレッスンに通い、「いつかはレストランでピアノを弾くのも夢なんです」と話します。


○・・・「大学を卒業したらドイツを中心に1年間は行ってきたい」
美術を含めたドイツ文学を勉強したいということと、将来の翻訳の夢のためにもっとドイツ語の勉強の必要を感じるからだそうです。
そして「できるだけ多くの人と出会い、交流したいから・・・」とつけ加えました。



元記事に戻る